ボクシングファン.net > タイトルマッチ観戦レビュー(2013年下半期) > KO防衛なるか?強打のアドニス・スティーブンソンがトニー・ベリューと激突

KO防衛なるか?強打のアドニス・スティーブンソンがトニー・ベリューと激突

WBC世界ライトヘビー級タイトルマッチ

チャンピオン アドニス・スティーブンソン(カナダ・ハイチ出身)
戦績:23戦22勝19KO1敗
挑戦者 トニー・ベリュー(イギリス)
戦績:22戦20勝12KO1敗1分

アドニス・スティーブンソン対トニー・ベリューの試合内容

WBC世界ライトヘビー級チャンピオンに君臨する36歳のアドニス・スティーブンソンが、2度目の世界挑戦となるトニー・ベリューを迎えた注目の防衛戦。一撃強打が魅力のアドニス・スティーブンソンはトニー・ベリューを撃破し、念願のビッグマッチへ駒を進めることができるでしょうか?

試合は、フリッカー気味の右ジャブを突きながら距離を詰め、得意の左ストレートを打ち込むタイミングを狙うサウスポーのアドニス・スティーブンソンに対して、挑戦者のトニー・ベリューがフットワークを使いながら、懐の深いボクシングでアドニス・スティーブンソンの強打を回避する展開で始まります。アドニス・スティーブンソンは立ち上がりからKOを狙っていますね。

「スティーブンソンのプレッシャーがめちゃくちゃ強烈だね。でも、ベリューはプレッシャーを感じながらもスティーブンソンに左フックを打ち込んでうまく回り込んでるよ。スティーブンソンはどうやってベリューを捕まえるかな?」と立ち上がりの攻防に興味津々の管理人。さすがのアドニス・スティーブンソンもトニー・ベリューの懐の深さを感じている印象です。


【Photo:HBO

3ラウンドに入ると、アドニス・スティーブンソンがプレッシャーを強め、得意の左ストレートを積極的に打ち込みます。一方のトニー・ベリューはカウンターの左フックで応戦。アドニス・スティーブンソンのパンチも当たっていますが、トニー・ベリューのカウンターも決まっていますね。

「スティーブンソンがもらう場面が増えてきたね。意外と我慢比べになるかもしれないなあ」と思い始めた4ラウンド中盤。トニー・ベリューの左フックを浴びたアドニス・スティーブンソンがダウンします!しかし、レフェリーの判断はスリップダウン。足が引っかかっていましたが、ダウンと判断してもおかしくないシーンでした。アドニス・スティーブンソンの動きが少し鈍っています。

トニー・ベリューは攻撃にシフトし、体重を乗せたパンチを連打します。しかし、アドニス・スティーブンソンが左ストレートとボディワークを駆使して追撃を回避。アドニス・スティーブンソンの左ストレートがトニー・ベリューにクリーンヒットするようになり、トニー・ベリューの動きも鈍ってきました。ダメージを比較すると、トニー・ベリューのほうが深いかもしれません。


【Photo:HBO

5ラウンドに入ると、アドニス・スティーブンソンが攻撃を強めて主導権を奪い返し、迎えた6ラウンド1分すぎ。トニー・ベリューが左フックを打ち込もうとした瞬間、アドニス・スティーブンソンが左ストレートを叩き込み、トニー・ベリューからダウンを奪います。

「うわっ、めっちゃ効いた!」と絶叫する管理人。ダウンから懸命に立ち上がり「大丈夫、大丈夫」とレフェリーにアピールしているトニー・ベリューですが、目の焦点が定まらず、体に力が入っていない印象です。アドニス・スティーブンソンの左ストレートをまともに浴びちゃいましたからね。

レフェリーが続行を宣言すると、アドニス・スティーブンソンがすぐにコーナーから飛び出し、猛然とプレッシャーをかけます。必死で動こうとするトニー・ベリューですが、最後はアドニス・スティーブンソンが強烈な左ストレートを叩き込んだところで、レフェリーが試合をストップ!アドニス・スティーブンソンが6ラウンドTKO勝ちを飾り、2度目の防衛に成功しました。


【Photo:HBO

アドニス・スティーブンソンがトニー・ベリューの懐の深さに手を焼きながらも強烈な左ストレートを浴びせて、一気に流れを引き寄せた試合でしたね。結果論になっちゃいますが、トニー・ベリューが4ラウンドに攻撃にシフトしたことで、アドニス・スティーブンソンのパンチも決まりやすくなり、アドニス・スティーブンソンのペースになった印象でした。

勝ったアドニス・スティーブンソンは、同じ日にリングに上がり、圧巻のKO勝利を披露したWBOチャンピオンのセルゲイ・コバレフと統一戦を行うプランが浮上しています。さらに、1月18日(日本時間1月19日)に対戦するルシアン・ビュテとジャン・パスカルの勝者と対戦する計画も浮上しています。どの組み合わせもボクシングファンにとって、たまらない好カードですね!

必殺の「スーパーマンパンチ」で難敵をリングに沈めたアドニス・スティーブンソン。「2013年の大躍進が、一気にスティーブンソンをビッグマッチの主役に押し上げたね」と思える見事なKO防衛でした。セルゲイ・コバレフとの統一戦が実現したら、とんでもない名勝負になりそうですね。2014年も「スーパーマン」アドニス・スティーブンソンの快進撃は続くかな?

アドニス・スティーブンソン対トニー・ベリューの試合結果

試合結果 アドニス・スティーブンソンが6ラウンドTKO勝ち。2度目の防衛に成功しました。
ボクシングファン.net > タイトルマッチ観戦レビュー(2013年下半期) > KO防衛なるか?強打のアドニス・スティーブンソンがトニー・ベリューと激突
特集!ミゲール・コット対サウル・アルバレス

新旧スター対決!ミゲール・コットの防衛か?サウル・アルバレスの2階級制覇か?

4階級制覇の実績を誇る「プエルトリコの英雄」ミゲール・コットと2階級制覇を目指す「メキシコの至宝」サウル・アルバレスがついに激突。絶大な人気を誇る新旧スーパースター対決です!

WBC世界スーパーフェザー級チャンピオンの三浦隆司選手も同じイベントに登場します。

テレビ放送日時 11月21日(土)HBOでPPVライブ中継(アメリカ)
11月22日(日)WOWOWで11時から生中継(日本)
ニュース 両雄が計量をパス!ミゲール・コット対サウル・アルバレスの直前情報
ニュース 復活のミゲール・コットはサウル・アルバレスからタイトルを守れるか
ニュース 新旧交代なるか?サウル・アルバレスが語るミゲール・コット戦の作戦
ニュース ミゲール・コット対サウル・アルバレスの新旧対決は11月開催に決定
ニュース 大舞台で輝けるか?三浦隆司vsフランシスコ・バルガスの見どころ
注目のボクサー
伝説のチャンピオン
ボクサーの関連ニュース
ボクシングニュース
ボクシング観戦レビュー
歴史に残るボクシング名勝負
ボクシング情報