ボクシングファン.net > ボクシングの基礎知識 > ボクシングの主要団体

ボクシングの主要団体

ボクシングの世界的な主要団体は4つ

現在、ボクシングには世界的なタイトル認定団体が4つあります(各団体名をクリックすると、詳細をご覧いただけます)。

WBA 世界ボクシング協会
WBC 世界ボクシング評議会
IBF 国際ボクシング連盟
WBO 世界ボクシング機構

もともと、ボクシングのタイトル認定団体は、1962年に誕生したWBAのひとつだけでした。しかし、タイトル認定団体がひとつだけだと、同じ地域のボクサーばかりがタイトルマッチに挑戦するという不公平が生まれたんです。そこで、全世界のボクサーが平等にタイトルマッチに挑戦できるよう、1973年にWBC、1983年にIBF、1988年にWBOが誕生しました。

他にもIBAやWBUなど、たくさんのタイトル認定団体がありますが、それらは「マイナー団体」と呼ばれ、世界的なボクシングタイトル認定団体ではありません。そのため、主要4団体ほど、タイトルマッチの価値が高くないんです。

主要団体が複数ある最大のメリットは、世界タイトルマッチに挑戦できるボクサーが増えることです。世界タイトルがひとつだと、なかなか挑戦のチャンスが巡って来ませんよね。一部では、タイトル認定団体が複数あると、チャンピオンの質にバラつきが出て、ベルト(タイトル)の価値が落ちるという意見もあるようですが、世界タイトルマッチ挑戦がボクサーのモチベーションにつながれば、自然と名勝負が増えるので、複数の認定団体があることは良いことだと思います。

管理人がボクシングに興味を持ち始めた当初、各階級にチャンピオンは1人だけが理想なのに、なぜ同じ階級に世界チャンピオンが何人もいるのかよくわかりませんでしたが、このような理由で同じ階級に複数の世界チャンピオンが君臨しています。

日本はWBAとWBCの2団体のみに加盟

日本ボクシングコミッション(JBC)は、歴史の深いWBAとWBCのみをタイトル団体として認めているので、JBCに所属する日本人ボクサーは、WBAかWBCのタイトルに挑戦することになります。

もし日本人ボクサーがIBFやWBOなどの認定外の団体の世界タイトルに挑戦する場合、日本ボクシングコミッション(JBC)非公認となるため、仮に世界戦で勝利しても、世界タイトルとして認められないことになります。日本ボクシングコミッションの考えが変われば、将来IBFチャンピオンやWBOチャンピオンが誕生する日が来るかもしれませんね。

ボクシングファン.net > ボクシングの基礎知識 > ボクシングの主要団体

ボクシングファン.net 新着情報

注目のボクサー
伝説のチャンピオン
ボクサーの関連ニュース
ボクシングニュース
ボクシング観戦レビュー
歴史に残るボクシング名勝負
ボクシング情報