ボクシングファン.net > タイトルマッチ観戦レビュー(2011年) > 衝撃の結末!フロイド・メイウェザー対ビクター・オルティス

衝撃の結末!フロイド・メイウェザー対ビクター・オルティス

WBC世界ウェルター級タイトルマッチ

チャンピオン ビクター・オルティス(アメリカ)
戦績:33戦29勝22KO2敗2分
挑戦者 フロイド・メイウェザー(アメリカ)
戦績:41戦全勝25KO

フロイド・メイウェザー対ビクター・オルティスの試合内容

最速のスピードを誇るフロイド・メイウェザーが1年4か月ぶりにリングに帰ってきました。対戦相手は悲願の世界タイトル奪取を成し遂げたサウスポーのビクター・オルティス。ボクシング界の未来を左右する新旧スピードスター対決ですね。

「パウンド・フォー・パウンド」の呼び声が高いフロイド・メイウェザーが空間を自由自在に支配し、王座返り咲きを果たすのか?それとも、ビクター・オルティスが鋭い踏み込みを武器にフロイド・メイウェザーを混乱に陥れ、初防衛に成功するのでしょうか?運命のゴングが鳴り響きます。

試合は、ガードを高く構えてステップを踏みながら飛び込むタイミングを探るチャンピオンのビクター・オルティスに対して、5階級制覇の実績を誇るフロイド・メイウェザーが右ストレートをリードパンチに使って積極的に攻撃を仕掛ける展開で始まります。

「メイウェザーは久しぶりの実戦だけど、動きは良さそうだよ。オルティスも怖がることなく、真っ向から勝負に行ってるね。試合が一発で終わりそうな雰囲気だな」と試合の行方を見守る管理人。どちらも抜群の当て勘を持っているだけに、序盤から目が離せない展開になってきましたね。

2ラウンドに入ると、フロイド・メイウェザーが右ストレートの手数を増やして、ビクター・オルティスにプレッシャーをかけます。フロイド・メイウェザーはビクター・オルティスの左ストレートが遠くなる左回りではなく、右回りを選択し、あえてビクター・オルティスの左ストレートが近い距離で戦っているようです。

「メイウェザーはオルティスのワンツーに合わせて右ストレートを狙ってるよ。右回りを選べば、オルティスの左ストレートをもらっちゃう危険性が高まるけど、自分の右ストレートも当たりやすいもんな。パンチを当てること、避けることに絶対の自信を持っているメイウェザーらしい作戦だぞ」とフロイド・メイウェザーのボクシングに注目する管理人。

3ラウンドに入ると、ビクター・オルティスとの距離感をつかみ始めたフロイド・メイウェザーが、右ストレート、左フックだけでなく、右アッパーを連打し、ビクター・オルティスを圧倒し始めます。フロイド・メイウェザーが少しずつ空間を支配し始めましたね。

一方のビクター・オルティスは右ジャブを突くと、フロイド・メイウェザーに右ストレートを打ち込まれ、懐へ飛び込むタイミングをつかめません。サウスポーのビクター・オルティスは、右ジャブを突くと、右ストレートのお返しをもらう一番苦しい展開ですね。

フロイド・メイウェザーが主導権を握り始めた4ラウンド。フロイド・メイウェザーが開始直後から勝負を仕掛けます。コンパクトな左右のフック、右アッパーを連打し、ビクター・オルティスにパンチを集めます。特に右アッパーが効果的ですね。

4ラウンド残り30秒には、フロイド・メイウェザーの右ストレートがビクター・オルティスの顔面へクリーンヒット。反撃を試みるビクター・オルティスはフロイド・メイウェザーをコーナーへ詰めてパンチを連打しますが、フロイド・メイウェザーがブロッキングとボディーワークでかわし、クリーンヒットを許しません。

すると、パンチが当たらないビクター・オルティスがフロイド・メイウェザーにヘッドバット!フロイド・メイウェザーの唇が切れてしまう反則打により、ビクター・オルティスは1ポイント減点されてしまいます。そして、このヘッドバットが試合の行方を大きく左右することになります。

試合再開後、グローブを合わせるフロイド・メイウェザーとビクター・オルティス。次の瞬間、フロイド・メイウェザーが無防備なビクター・オルティスに左フック、右ストレートを叩き込み、ビクター・オルティスがダウン!

フロイド・メイウェザーのパンチを無防備でもらってしまったビクター・オルティスは10カウント以内に立ち上がることができず、このまま試合終了。フロイド・メイウェザーがビクター・オルティスに4ラウンドKO勝ちを収め、王座交代となりました。

いやー、後味の悪い「新旧スピードスター対決」でしたね。フロイド・メイウェザーの最後の攻撃は賛否両論あると思います。「アンフェアなパンチだよ。スポーツマンシップに反するんじゃない?」という見方もあるでしょう。「正当なパンチなんで、問題ないよ。悪いのは油断したオルティスでしょ」という意見もあるでしょう。

「良い悪い」はそれぞれの考え方があると思います。管理人は「うーん、カッコ悪いな」と思いました。もちろん、勝ちたい気持ちの表れかもしれません。でも、フロイド・メイウェザーの最後の攻撃も、ビクター・オルティスの頭突きもカッコ悪かった。ボクサーに限らず、プロスポーツ選手には、勝っても負けてもカッコ良くいてほしいので、それが一番残念でした。

ボクシングはやってみないと分からないので、ここからは管理人の憶測ですが、そのまま試合が進んでいても、タイミングと距離を完全につかんだフロイド・メイウェザーがビクター・オルティスを打ち倒していた確率が一番高いと思います。

もしフロイド・メイウェザーに「パンチが当たらないからってヘッドバットをするなんて、オルティスもまだまだ若いな。よし、一丁稽古をつけてやるか」くらいの度量があれば、試合後のフロイド・メイウェザーの評価は180度違うものになっていたはずです。

しかし、現実は大きく異なる結末が待っていました。フロイド・メイウェザーとビクター・オルティスの対決はわずか4ラウンドでしたが、途中まで本当に素晴らしい試合だったと思います。だからこそ、後味の悪い衝撃の結末が残念でなりません。

マニー・パッキャオと「パウンド・フォー・パウンド」の座を二分するフロイド・メイウェザーが名誉を挽回するチャンスはやって来るのでしょうか?世界中のボクシングファンに愛されている「最強のスーパースター」マニー・パッキャオが「最速のスピードスター」フロイド・メイウェザーと拳を交える可能性はますます低くなったかもしれません。

フロイド・メイウェザー対ビクター・オルティスの試合結果

試合結果 フロイド・メイウェザーが4ラウンドKO勝ちで世界タイトル奪取に成功。初防衛に失敗したビクター・オルティスは王座陥落。
ボクシングファン.net > タイトルマッチ観戦レビュー(2011年) > 衝撃の結末!フロイド・メイウェザー対ビクター・オルティス

ボクシングファン.net 新着情報

注目のボクサー
伝説のチャンピオン
ボクサーの関連ニュース
ボクシングニュース
ボクシング観戦レビュー
歴史に残るボクシング名勝負
ボクシング情報