ボクシングファン.net > ボクシングニュース(2012年) > 「リングマガジン」読者が選んだ2011年の「ノックアウト・オブ・ザ・イヤー」は?

「リングマガジン」読者が選んだ2011年の「ノックアウト・オブ・ザ・イヤー」は?

2011年の「ノックアウト・オブ・ザ・イヤー」はノニト・ドネア

ボクシングの老舗雑誌「リングマガジン(The Ring Magazine)」の公式ホームページで、読者が選んだ2011年の「ノックアウト・オブ・ザ・イヤー」の発表がありました。「リングマガジン」読者が選んだ2011年の年間最高試合に続き、興味深い記事で「なるほど、なるほど」を連発しながら一気に読んじゃいました。

年末に投稿した「ボクシング総集編 2011年の衝撃KOトップ10」で少し触れましたが、KO(ノックアウト)はいつの時代もボクシングの華だと思います。KOは誰が見てもわかりやすい決着で、ボクシングを初めて観戦した人も「どちらが勝ったか」すぐにわかるはず。最もシンプルで最もエキサイティングな決着がKOだと思います。

それでは、ボクシング雑誌「リングマガジン」の読者が選んだ2011年「ノックアウト・オブ・ザ・イヤー」ランキングのトップ3をどうぞ。世界中に衝撃を与えた「あのKO」が78.1%の圧倒的な支持を集め、「ノックアウト・オブ・ザ・イヤー」の栄冠に輝きました。

「リングマガジン」読者が選んだ2011年の最高KOランキング

第1位 フェルナンド・モンティエルvsノニト・ドネア
第2位 石田順裕vsジェームス・カークランド
第3位 ルシアン・ビュテvsジャン・ポール・メンディ

「リングマガジン」の読者が選んだ2011年の「ノックアウト・オブ・ザ・イヤー」は「フェルナンド・モンティエルvsノニト・ドネア」で世界中のボクシングファンを驚愕させた「フィリピンの閃光」ノニト・ドネアのKOでした。

意識を飛ばされ、リングに崩れ落ちたフェルナンド・モンティエルが手足をバタバタさせる姿を観戦して「最高に破壊的で最高に芸術的な左フックだよ。すげえ」と唖然としたことを思い出します。軽量級とは思えない破壊力です!

そして、石田順裕選手が全勝のジェームス・カークランドを1ラウンドで打ち破った衝撃のKOが第2位にランクされました。この試合の衝撃度は本当に凄かったです!最初から最後まで鳥肌が立ちまくりの試合でしたね。

公式ホームページの記事によると、「ボクシング界に与えた衝撃」を評価して投票した「リングマガジン」の読者が多かったようです。石田順裕選手には、ぜひ今年もアメリカで戦って、実力を証明してほしいですね。

2011年は重量級より中量級、軽量級で凄まじいノックアウトを続出した1年だったと思います。ヘビー級の「ドスン!」と一撃で相手をリングに沈めるKOも魅力的ですが、タイミングで「バタン!」と意識ごと刈り取るKOも魅力的。2012年はどんなKOがボクシング界を彩るのでしょうか?今年もたくさんのエキサイティングなKOが生まれますように。

ボクシングファン.net > ボクシングニュース(2012年) > 「リングマガジン」読者が選んだ2011年の「ノックアウト・オブ・ザ・イヤー」は?
特集!ミゲール・コット対サウル・アルバレス

新旧スター対決!ミゲール・コットの防衛か?サウル・アルバレスの2階級制覇か?

4階級制覇の実績を誇る「プエルトリコの英雄」ミゲール・コットと2階級制覇を目指す「メキシコの至宝」サウル・アルバレスがついに激突。絶大な人気を誇る新旧スーパースター対決です!

WBC世界スーパーフェザー級チャンピオンの三浦隆司選手も同じイベントに登場します。

テレビ放送日時 11月21日(土)HBOでPPVライブ中継(アメリカ)
11月22日(日)WOWOWで11時から生中継(日本)
ニュース 両雄が計量をパス!ミゲール・コット対サウル・アルバレスの直前情報
ニュース 復活のミゲール・コットはサウル・アルバレスからタイトルを守れるか
ニュース 新旧交代なるか?サウル・アルバレスが語るミゲール・コット戦の作戦
ニュース ミゲール・コット対サウル・アルバレスの新旧対決は11月開催に決定
ニュース 大舞台で輝けるか?三浦隆司vsフランシスコ・バルガスの見どころ
注目のボクサー
伝説のチャンピオン
ボクサーの関連ニュース
ボクシングニュース
ボクシング観戦レビュー
歴史に残るボクシング名勝負
ボクシング情報